野村ホールディングスがこんなサービスに!?

From:花山 慶治

暗号通貨の市場は乱高で
安定しませんね。

 

でも、長期間見ていると
不思議なことに下がっても
ジワリと戻してくるんです。

こうした流れを何度も見ているので
多少のネガティブ要素には耐えることが
出来るんです。

 

そして、高値を見極めて利益確定。
押し目で買い足す。

 

この繰り返しだけでも、
結構な利益を出すことができます。

 

あとはいかにチャートの
特徴を
みるかが重要です。

 

連動性で動く通貨は結構あります。

 

最初の段階よりは見えにくくなりましたが
まだまだ、株式や為替よりは
簡単に
みることが出来ます。

 

それでは本日のニュースをご紹介します。

 

大手企業がこんな研究を!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

野村ホールディングスは15日、仮想通貨など
デジタルアセットのカストディ・サービス
提供に向け、研究を開始すると発表した。

出典:野村HD、仮想通貨などの保管サービス提供に向け研究開始

野村ホールディングスが動くとなれば
資産としての価値が認められたという
証拠ではないでしょうか?

仏本拠でデジタルアセットのセキュリティ管理を
手がけるレッジャー社と、英国領ジャージー島の
投資顧問会社のグローバル・アドバイザーズ ・
ホールディングスと共同で実施する。

出典:野村HD、仮想通貨などの保管サービス提供に向け研究開始

日本はすでに出遅れている感は
ありますが、こうした他国との連携で
どれくらいのクオリティーが上がっていくのか??

 

楽しみですね^^

 

デジタルアセット市場の参入障壁を取り除き、
機関投資家による投資促進を目指す。

出典:野村HD、仮想通貨などの保管サービス提供に向け研究開始

暗号通貨市場に投資家が入ってくると
今のように簡単に買える市場は
減ってくるかもしれません。

 

これは通常の通貨もそうですが、
ICOなどの障壁は上がってくるのかもしれません。

 

カストディ・サービスとは??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投資家のために証券を保護預りするほか、
元利金・配当金の代理受領、運用資産の
受渡し決済、運用成績の管理などを
提供するサービスだ。

出典:野村HD、仮想通貨などの保管サービス提供に向け研究開始

野村ホールディングスは市場参入の
障壁が法規制や安全性にあると見解している。

野村HDはリリースで、デジタルアセット市場の
急激な成長を背景に、機関投資家らがデジタル
アセットへの投資を検討しているが、安全で
法規制に準拠したカストディ・サービスが
不足していることが、参入の妨げになって
いると指摘している。

出典:野村HD、仮想通貨などの保管サービス提供に向け研究開始

 

すでに合同で組織は設立済みで
今後、動いていくことはほぼ確実。

 

どれくらいのユーザーが興味を
示していくのか??

 

とても楽しみです。

 

そして、資産管理に安全が加われば
今まで参加していなかった人も
参加するでしょう。

 

タイミング的には今でもまだ
ぜんぜん遅くないので、
興味がある人は参加しましょうね^^

 

———————————-
【MWM】仮想通貨事務局

お問合せ先
cpc@adb-ss.com
———————————-

【公式】LINE@
〉〉MWM暗号通貨通信〈〈

ビットコインやイーサリアムの
価格を平日に配信!

注目のニュースも不定期でお届けします。

↓暗号通貨ツウになる為に登録↓

【MWM】LINE@登録のご案内

一般に公開されていないような
情報もこちらで配信しております。

———————————-

・アンケート

http://adb-ss.com/ks/anktwp

ご回答よろしくお願いします!

———————————-

・FBページ

https://www.facebook.com/MWM2000/

タメになったら応援の「いいね!」を
下さいねぇ~!!

———————————-