リップルを使った送金アプリが誕生!?

From:花山 慶治

 

コインチェックに少し動きがでましたね。

 

サービスを開始して、どれくらいのアクセスが
くるのか楽しみですね。

ザイフのようにサーバーが落ちなければ
良いですが・・・。

 

昨年は暗号通貨元年といわれていましたが
2018年はブロックチェーン元年といわれています。

 

投機だけの魅力だけではなく
技術に注目を集める年になるでしょう!

 

そして、送金機能が充実している
リップルの技術を利用したアプリが
誕生するようです。

 

 

Money Tapとは??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行が、
米Rippleのブロックチェーン技術を活用した
スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」(iOS/Andorid)の
試験運用を4月以降に始める。

口座番号や携帯電話番号などを使い、
ユーザー同士の個人送金を安全・リアルタイムで
行える環境を提供するという。

夏以降に一般公開する計画。

出典:Rippleのブロックチェーン技術を活用した送金アプリ「Money Tap」今夏公開へ 住信SBI、りそな銀行など

P2Pが身近になってきましたね^^

これは非常に進歩があることだと思いますし、
浸透すれば金融の仕組みが変わってきます。

それに手数料も安くなればいいですね。

当たり前が変わるタイミング。

こうした時にはチャンスが生まれてきます!

SBIホールディングスと子会社のSBI Ripple Asia
(米Rippleとのジョイントベンチャー)などが
加盟するコンソーシアムが3月7日に発表した。

送金アプリは、Rippleが銀行向けに提供する
即時送金の仕組み「xCurrent」を活用。

xCurrentは、取引前後に銀行間で決済内容を
リアルタイムで確認できるようにし、
国際送金などがスムーズに行えると
期待されている。

出典:Rippleのブロックチェーン技術を活用した送金アプリ「Money Tap」今夏公開へ 住信SBI、りそな銀行など

 

こうしたコンソーシアムもこれから
たくさん出てくるでしょう。

どこが覇権をとっていくのでしょうか??

Money Tapは、銀行口座の番号による送金の他、
携帯電話番号やQRコードを使った送金機能を搭載。

指紋による生体認証とも組み合わせ、
「ユーザーエクスペリエンス(UX)と
セキュリティの両立を図った」
(SBIホールディングス)としている。

出典:Rippleのブロックチェーン技術を活用した送金アプリ「Money Tap」今夏公開へ 住信SBI、りそな銀行など

 

もっと身近にこうした技術の素晴らしさを
理解してくれる人がふえてくると
良いですね。

ブロックチェーンやフィンテックで
金融に大きな変革がおきて欲しいです。

———————————-
【MWM】仮想通貨事務局

お問合せ先
cpc@adb-ss.com
———————————-

【公式】LINE@
〉〉MWM暗号通貨通信〈〈

ビットコインやイーサリアムの
価格を平日に配信!

注目のニュースも不定期でお届けします。

↓暗号通貨ツウになる為に登録↓

【MWM】LINE@登録のご案内

クローズドの情報もこちらで配信を
していきますのでご登録がまだの人は
ご登録下さい。

———————————-

・アンケート

http://adb-ss.com/ks/anktwp

ご回答よろしくお願いします!

———————————-

・オススメの暗号通貨取引所

<a href=”https://bitflyer.jp?bf=wnkxi1kr” target=”_blank”><img src=”https://bitflyer.jp/Images/Affiliate/affi_05_468x60.gif?201612″ alt=”bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で”></a>

———————————-

・FBページ

https://www.facebook.com/MWM2000/

タメになったら応援の「いいね!」を
下さいねぇ~!!

———————————-