【ICO】初の国家によるICO!?

From:花山 慶治

 

これは驚きました!!

ある国で本当に国家プロジェクトの
ICOが計画されているようです。

 

最も先進的な電子国家エストニア共和国が、
e-Residencyプログラムの一貫として、
国家による世界初のイニシャル・コイン・
オファリング(ICO)の実施を計画していることを
明らかにした。

出典:エストニア、世界初の国家ICOに向け計画

現時点においては提案段階にあるものの、
すでに予告サイトも公開され、e-Residency
プログラムのマネジングディレクターである

カスパー・コルジャス氏は、世界初の国家ICOの
意義と目的に関するブログをポストしている。

出典:エストニア、世界初の国家ICOに向け計画

 

これはどうなるのか??

楽しみです!

 

エストニアってどんな国??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エストニアでは既に「e-Residency」と呼ばれる
電子政府システムを用い、あらゆる公的サービスを
インターネットを通じて受けることができる
インフラを構築している。

とりわけ、ヘルスケア領域においてはブロックチェーンを
活用したインフラへの置換も検討しており、極めて
先進的な取り組みを実施している国といえるだろう。

エストニアは、今年のはじめよりエストニア非居住者に
向けた電子国民(e-Residents)の申請受付を開始し、
既に138ヶ国から2.2万人にのぼる電子国民の興味を集めた。

出典:エストニア、世界初の国家ICOに向け計画

 

こんなに進んだ国もあるんですね!!

 

Estcoinを通じて調達した資金は、Public Private Partnership(PPP)を
通じて管理され、電子国家の助力となる契約に合意した場合にのみ
用いられます。

これにより、エストニアはスマートコントラクトや
人工知能に至るまで、世界中の多くの人々に恩恵を与える、
公共のあらゆる技術やイノベーションに投資することが
できます。

資金の大部分はVCファンドのように使用することができ、
また、e-Residentsにより立ち上げられた企業を支援することにも
用いられます。

この提案は、長期的に見れば、おそらく我々の理解を
遥かに超えた成果になるでしょう。

出典:エストニア、世界初の国家ICOに向け計画

利益を獲得するのも暗号通貨の面白いところですが
こうしたどう使うか??

この仕組みを知るだけでも、
非常に面白いし、どんなサービスが誕生するのかも
楽しみになってきますね。

———————————-
【MWM】仮想通貨事務局

お問合せ先
cpc@adb-ss.com
———————————-

◆ LINE@で ◆
友達になってくれませんか??

情報を取りこぼさない為にも
メールよりもLINE@への
ご登録をオススメします↓

https://line.me/R/ti/p/%40bko7717d

またはID検索で

@bko7717d

上記IDをコピーしていただいて
検索して追加ボタンを押すだけで
完了します!!

とっても簡単に登録することが
出来ますのでぜひ、登録して下さい。

———————————-

・アンケート

http://adb-ss.com/ks/anktwp

ご回答よろしくお願いします!

———————————-

・オススメの暗号通貨取引所

https://coincheck.com/?c=yxLN12voJXg

———————————-

・FBページ

https://www.facebook.com/MWM2000/

タメになったら応援の「いいね!」を
下さいねぇ~!!

———————————-