【ICO】注目されている『COMSA』って??

From:花山 慶治

さて、もうすぐ夏休みという人も
多いのではないでしょうか?

 

たまの休みはゆっくりして下さいね。

 

私は「川」に「湖」に「海」と
予定が盛り沢山です。

 

最近、何かと話題の情報をキャッチしましたので
ご紹介させて頂きますね。

 

新たな資金調達手段としてICO(Initial Coin Offering、
仮想通貨発行による資金調達)に注目が集まっている。

出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表

ICO情報を集めたcoinschedule.comによれば2017年1月から7月までの
ICOによる資金調達総額は1253Mドルと1Bドル(10億ドル、約1100億円)を越える水準にある。

出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表

非常に暗号通貨業界が盛り上がっている証拠ですね。

 

1100億は普通に凄いです!!

 

仮想通貨取引所Zaifを運営し、プライベートブロックチェーン技術
mijinを開発するテックビューロが8月3日に発表した「COMSA」だ。

3種類のパブリックブロックチェーンに対応する点、
システム技術としてプライベートブロックチェーンを
利用する点、日本の仮想通貨法による法的根拠を
売り物とする。

出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表

COMSAの1号案件として、この2017年10月にCOMSA自体の
ICOを実施する予定。

2号案件は11月中旬に東証二部上場企業のプレミアムウォーター
ホールディングス、3号案件は11月下旬にCAMPFIREを
予定している。

出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表

 

要点はこんな感じです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビットコイン、Ethereum、NEMと3種類の
パブリックブロックチェーンに対応。

複数の仮想通貨により資金を調達できる。

ICOによるトークンの発行技術として、Ethereum上のトークン技術ERC20、
NEMの技術であるMosaicを利用可能

仮想通貨が抱えるボラティリティ(価格変動の激しさ)を
回避するため、日本円と価格が連動する仮想通貨Zenのような
法定通貨とペグした仮想通貨を利用可能とする

システム技術としてmijinにより構築した
プライベートブロックチェーンを採用。

プライベートブロックチェーン内トークンと
パブリックブロックチェーン上のトークンを
連携させるソリューションにも対応する。

またサーキットブレーカーなど
緊急事態への対応策を取り入れる

法的根拠が明確。日本の仮想通貨法に基づき金融庁の登録事業となる
予定のZaif取引所が資金を管理する。

有識者を集めたICO協議会を設置し、
研究や情報発信を行う

出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表

 

非常に面白そうですね^^

また、続報お送りしますね!

http://adb-ss.com/ks/comsa
【気になる方はこちらから↑↑】

———————————-
【MWM】仮想通貨事務局

お問合せ先
cpc@adb-ss.com
———————————-

◆ LINE@で ◆
友達になってくれませんか??

情報を取りこぼさない為にも
メールよりもLINE@への
ご登録をオススメします↓

https://line.me/R/ti/p/%40bko7717d

またはID検索で

@bko7717d

上記IDをコピーしていただいて
検索して追加ボタンを押すだけで
完了します!!

とっても簡単に登録することが
出来ますのでぜひ、登録して下さい。

———————————-

・アンケート

http://adb-ss.com/ks/anktwp

ご回答よろしくお願いします!

———————————-

・オススメの暗号通貨取引所

https://coincheck.com/?c=yxLN12voJXg

———————————-

・FBページ

https://www.facebook.com/MWM2000/

タメになったら応援の「いいね!」を
下さいねぇ~!!

———————————-